大学病院で働く看護師の給料の違いは?

大学病院で働く看護師の給料の違いは?

大学病院で働く看護師の給料の違いに関して詳しく紹介している画像

大学病院で働く看護師には、通常の病院とは異なる仕事内容が求められることがほとんどです。大学病院では医師と看護師の役割りがはっきりと区別されているので、普通の病院で看護師が担当するような採血や点滴も、大学病院では医師が担当することになっています。

 

看護師が行うのはあくまで医師のサポートと、看護師の名前通りの、本来の「看護」の仕事になります。と聞くと、普通の病院より楽そう、と思う人もいるかもしれませんが、そこで求められるのは看護のプロフェッショナル。注射などを行わないから楽ということはなく、徹底した看護の業務が期待されているのです。

 

だからお給料に関しても、普通の病院より低いということはありません。『年収にして400万円から600万円が平均で、普通の病院に勤める看護師と大差ない』といえるでしょう。ただし大学病院で看護師長や看護副部長になったときは、通常の病院より高額の、年収八百万円程度を期待することも出来ますから、キャリアアップを望んでいるのであれば、大学病院へ転職するのもいいかもしれません。また一口に大学病院といっても、その規模、都市部か田舎かの違い、国公立か私立かの違いなどによって若干の高低は出てくるようです。